バスケット用の車いすはタイヤが八の字になっていることや転倒防止用のリアキャスタを備えていることで転倒しにくくなっています。
それでも激しいディフェンスにより車いす同士が接触するとその勢いで転倒することがあります。
ツインバスケットボールのプレーヤーは腹筋、背筋の機能がない選手がほとんどで腕にも障害があることから試合中に転倒すると自力で起き上がることができません。
転倒した場合はチームのスタッフ、マネージャーに起こしてもらうことになります。

以下にどのように起き上がらせるのかを紹介します。

 


横転した状態
ベルト類で固定しているので車いすごと転倒します

 


まず体を仰向けにします

 


前1人、後2人の3人がかりで起こします。
前1人はバンパーに手をかけ、片足をリアキャスタにかけてリアキャスタを軸にバンパーを手前に引っ張ります

 


後2人は背もたれに手をかけリアキャスターを軸に持ち上げます

 


かなりの体力が必要です
いつもマネージャーさんありがとう

 

次ページ「12.審判さんはどんな人たち?」へ
前ページへ戻る

ルール・特徴