車いす講習会と8ヶ月ぶりの練習(8月15日)

8月15日に名古屋市障害者スポーツセンターで車いす講習会と練習を行いました。

車いす講習会は4月26日に実施予定でしたが、緊急事態宣言により体育館の閉館にて延期していました。
8月から団体利用が可能になったので、今回の開催に至りました。

7月中旬から新型コロナ感染者数の増加し始め、開催を見送るか悩みました。
しかし、次の点から開催を決めました。
 ①参加希望者がいること
 ②講習会の案内を頑張ってくれたマネージャーの頑張りに報いたい
 ③ツインバスケットを知ってもらう機会がなくなること

開催の最終判断は2日前
開催にあったてのルールを決め開催を決定しました。
 ①参加者は平熱であること
 ②講習中は講義、体験とも常時マスクを着用こと
 ③人数を制限すること

講習受講者は前日のキャンセルなどもあり、当日は1人でした。
完全個別指導となりました(どっかの学習塾みたいに(笑))
人数は少なかったですが、全力でやらせていただきました。

講習会はツインバスケットボールについての講義と車いす操作を含めた体験を行います。
体験の最後はミニゲームですが、今回は受講者が1人ということで、講習後に行う通常練習と合体させました。
これにより、例年の講習会ではミニゲームは1人1回〜2回ですが、今回は練習最後まで一緒にプレーしました。

チームとしての練習も11月3日依頼の8ヶ月ぶり!!
ようやく練習できました。

8ヶ月間ボールを使っていなかったのでボールはツルツルだったためボール6個を新調
貧乏チームはボール買うのも大変ですわ(涙)

練習も疲れましたが、コロナ関係で神経を使い、かなりヘトヘトでした。
講習会、練習はマネージャーと他チームの協力で行うことができました。

本当にありがとうございました。

講義を開始します
完全個別指導
シュート練習
ボールとビブスを新調しました