ツインバスケットボールは車いすバスケットボールの1種で、両手足に麻痺がある障害者のためのスポーツです。
通常のバスケットゴールの他に1.2メートルの低いゴールを使用します。
通常のゴールと低いゴールを2組使用することから「ツイン」という名前がついています。
低いゴールはフリースローサークルの真ん中に置いて使用します。

2つのゴールは障害のレベルによって使い分けます。
障害レベルによる区分けは下記の表のとおり

障害
レベル
使用する
ゴール
シュート方法 ヘッド
バンド
持ち点
低いゴール フリースローサークルの中 赤色 1.0~2.0
低いゴール フリースローサークルの外 白色 2.0~3.0
通常のゴール 通常 なし 3.0~4.5

 

低いゴールは障害レベルが重度の選手でもシュートが打てるように用意されています。
言い換えると障害レベルに関係なくみんながプレーに参加できるルールになっています。

 

詳細なルールは次ページ「通常のバスケットボールとの違い」へ

ルール・特徴